« ありがとうヒマラヤ杉 【2】 | トップページ | 春の瀬戸内を満喫 【2019】 »

2019年3月29日 (金)

ありがとうヒマラヤ杉 【3】

 2本のヒマラヤ杉を伐り倒した後、しばらくの間その場を離れて別の仕事をしておりました。

「あれからどんな風になったかなぁ~?」と思いながら見に戻ってみましたら…

Dsc_0749

 運びやすいサイズに切り分けられたヒマラヤ杉が植木屋さんのトラックに詰め込まれていました。

  『記念に板をとってテーブルか何かを作ってやろうか』と夫が話していた時もあったのですが、伐ってみましたら残念ながら板をとれるような木ではなく…名前はヒマラヤ杉ですが、本当は松なので、伐ったそばから松ヤニがすごく、うかつに触る事もできませんでした😖
 (画像からはわかりにくいですが、綺麗なヤニが出ています)

Dsc_0761
 弊社は普段、国産ヒノキのみを製材しているので、においなども含め、扱いにくいというのもあり植木屋さんにまとめて引き取って頂くことになりました⤵

 そうこうしていると、伐採の様子を学校から見ていた子ども達が帰って来ました😃


Dsc_0753
 みんなで落ちている松ぼっくりなどを楽しそうに拾っています✨
 その様子を見た植木屋さん達も、一緒になって何個か拾って下さいました🎵
Dsc_0755

この時、「記念にテーブルなどは作れない事になったから、伐られた木はこのまま植木屋さんに持って帰ってもらう事になったよ」と子ども達に伝えたら「えぇー⁉😖」と物凄く残念がられました😵 そりゃそうだ…気持ちはよ~くわかる💦


「テーブルは無理でも、記念に松ぼっくり以外の何かが欲しい❗」とみんな懸命に言うので…義父と従業員さんにお願いして枝をチェンソーで伐ってもらいました✨
(父親である夫はこの時まだ原木市場から帰宅していませんでした)

Dsc_0764
 その伐ってもらった枝がこちらの2本
 玄関前に並べて飾っているのですが、しずくの様なヤニが毎日出ているので 触るな危険 状態です💦 でも、いい記念になりました✨

 植木屋さんが撤収された後、子ども達とゆっくり切り株部分を観察👀
Dsc_0765

 上が向かって左側にあった方で、下が向かって右側にあった方の木です。
 子ども調べによりますと年輪は(上の切り株から)3339

 しかし、43歳の夫が小さい頃には既に敷地内に立っていたヒマラヤ杉。。。
あれ~?計算があわないぞ???と思っておりましたら、最初の10~15年程はほとんど年輪ができないとのこと👀💦
 結局、本当の樹齢はわかりませんでしたが、年輪は数える事ができて良かった✨

 ちなみにこのヒマラヤ杉、夫が子どもの頃にはあと2本あったらしいです。事務所を新設するにあたり邪魔になった為、その2本は根こそぎ取り除いたのだそう…
 最初に植えたのは夫の祖父だろうと言われていますが、もしかした曾祖父だったかも???この辺の記憶はみんな曖昧なようです💦 気が付いたらあったのだそう😃

 ヒマラヤ杉がなくなって、とても見晴らしが良くなりましたが、まだやっぱり寂しいという気持ちがあります。何人かの友人も車で製材所前を通る際に、ヒマラヤ杉が伐り倒された事に気付いてくれて
「なんかさみしいねぇ😖」と連絡をくれたので、同じように感じてもらえた事はとても嬉しかったです。

 最後になりましたが、どちらかのヒマラヤ杉に鳥の巣があったようで、伐採作業後しばらくして2羽の鳥が上空で大騒ぎしていました……突然の事だったのでさぞかし驚いたことでしょう😖
 
 色々な事がありましたが、誰も怪我をする事なく無事に作業が終わって良かったです✨
 随分と姿は変わってしまいましたが、これからも家族みんなでヒマラヤ杉を見て行きたいと思います。
Photo












|

« ありがとうヒマラヤ杉 【2】 | トップページ | 春の瀬戸内を満喫 【2019】 »

木工・製材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありがとうヒマラヤ杉 【2】 | トップページ | 春の瀬戸内を満喫 【2019】 »