« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月29日 (金)

ありがとうヒマラヤ杉 【3】

 2本のヒマラヤ杉を伐り倒した後、しばらくの間その場を離れて別の仕事をしておりました。

「あれからどんな風になったかなぁ~?」と思いながら見に戻ってみましたら…

Dsc_0749

 運びやすいサイズに切り分けられたヒマラヤ杉が植木屋さんのトラックに詰め込まれていました。

  『記念に板をとってテーブルか何かを作ってやろうか』と夫が話していた時もあったのですが、伐ってみましたら残念ながら板をとれるような木ではなく…名前はヒマラヤ杉ですが、本当は松なので、伐ったそばから松ヤニがすごく、うかつに触る事もできませんでした😖
 (画像からはわかりにくいですが、綺麗なヤニが出ています)

Dsc_0761
 弊社は普段、国産ヒノキのみを製材しているので、においなども含め、扱いにくいというのもあり植木屋さんにまとめて引き取って頂くことになりました⤵

 そうこうしていると、伐採の様子を学校から見ていた子ども達が帰って来ました😃


Dsc_0753
 みんなで落ちている松ぼっくりなどを楽しそうに拾っています✨
 その様子を見た植木屋さん達も、一緒になって何個か拾って下さいました🎵
Dsc_0755

この時、「記念にテーブルなどは作れない事になったから、伐られた木はこのまま植木屋さんに持って帰ってもらう事になったよ」と子ども達に伝えたら「えぇー⁉😖」と物凄く残念がられました😵 そりゃそうだ…気持ちはよ~くわかる💦


「テーブルは無理でも、記念に松ぼっくり以外の何かが欲しい❗」とみんな懸命に言うので…義父と従業員さんにお願いして枝をチェンソーで伐ってもらいました✨
(父親である夫はこの時まだ原木市場から帰宅していませんでした)

Dsc_0764
 その伐ってもらった枝がこちらの2本
 玄関前に並べて飾っているのですが、しずくの様なヤニが毎日出ているので 触るな危険 状態です💦 でも、いい記念になりました✨

 植木屋さんが撤収された後、子ども達とゆっくり切り株部分を観察👀
Dsc_0765

 上が向かって左側にあった方で、下が向かって右側にあった方の木です。
 子ども調べによりますと年輪は(上の切り株から)3339

 しかし、43歳の夫が小さい頃には既に敷地内に立っていたヒマラヤ杉。。。
あれ~?計算があわないぞ???と思っておりましたら、最初の10~15年程はほとんど年輪ができないとのこと👀💦
 結局、本当の樹齢はわかりませんでしたが、年輪は数える事ができて良かった✨

 ちなみにこのヒマラヤ杉、夫が子どもの頃にはあと2本あったらしいです。事務所を新設するにあたり邪魔になった為、その2本は根こそぎ取り除いたのだそう…
 最初に植えたのは夫の祖父だろうと言われていますが、もしかした曾祖父だったかも???この辺の記憶はみんな曖昧なようです💦 気が付いたらあったのだそう😃

 ヒマラヤ杉がなくなって、とても見晴らしが良くなりましたが、まだやっぱり寂しいという気持ちがあります。何人かの友人も車で製材所前を通る際に、ヒマラヤ杉が伐り倒された事に気付いてくれて
「なんかさみしいねぇ😖」と連絡をくれたので、同じように感じてもらえた事はとても嬉しかったです。

 最後になりましたが、どちらかのヒマラヤ杉に鳥の巣があったようで、伐採作業後しばらくして2羽の鳥が上空で大騒ぎしていました……突然の事だったのでさぞかし驚いたことでしょう😖
 
 色々な事がありましたが、誰も怪我をする事なく無事に作業が終わって良かったです✨
 随分と姿は変わってしまいましたが、これからも家族みんなでヒマラヤ杉を見て行きたいと思います。
Photo












| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

ありがとうヒマラヤ杉 【2】


 ヒマラヤ杉は3月19日(火)に伐採される予定でしたが、あいにく雨の為、一度延期になりました。
 色々と準備万端でしたし、気持ちの整理も皆できていたので、延期と決まった時は残念に思いましたが、結果的に延期された事により良い事がありました✨

 

 予定日の翌日3月20日(水)清々しい快晴の下、伐採決行❗
 朝7時半頃から職人さん達の作業が開始されました。

 

Dsc_0706

 

 まずは、このような梯子を使いながら下の方の枝をチェンソーで伐っていきます。
Dsc_0720

 

 準備完了。向かって左側のヒマラヤ杉から伐採開始❗
Dsc_0726

 

 幹に切り込みを入れたらロープでひっぱります!!

 

Dsc_0709

 

 

Dsc_0710_1

 

ミシミシという音を立てながら一気に倒れていきました。。。

 

Dsc_0711

 

 隣り合って杉が生えてたので重なり合った所はなんだか貧弱😞💦

 

 倒れた木はとてもかさ高く感じました👀 立派です✨ その後すぐさま枝が切り落とされていきました。
Dsc_0715

 

 

 続いて向かって右側のヒマラヤ杉を伐採! 今度はロープ無しで倒していきます👀
Dsc_0728

 

Dsc_0730

 

Dsc_0731

 

 こちらもミシミシと音を立てながらあっという間に倒れました。。。
 倒れた後は先程同様、職人さん達が手際よく次々と枝を伐り、幹も切り分けていきました。
Dsc_0737

 

 

Dsc_0745

 

 

 伐採の一部始終を私と義父・従業員さんは間近で見る事ができてとてもラッキーでした💓
 夫も見守りたい気持ちはとてもあったのですが、1本目を伐り倒した後すぐに原木市場へと出かけて行きました🚙💨

 

 記録として…という事もありますが、見守る事が出来なかった夫や子ども達の為に、ビデオカメラとスマホでの撮影を私は頑張ったのですが…なんと子ども達は伐採の様子を遠くから見る事が出来ていたのです✨ 

 

 当初の予定通り19日に伐採されていたら卒業式の関係で子ども達は見る事ができなかったかも知れないのですが、この日は式が無かったので朝の会が始まる前に学校の階段からバッチリ見る事ができたのです😃😃😃

 

Mov_0741_000019

 

 女の子達が熱い視線を送ってくれていました💕 作業場から学校の階段まで50m程離れているのですが、伐られる様子はちょうどよく見え、チェンソーの音はよく聞こえたそうです🎵 ただ、さすがに倒れる音までは聴こえなかったようですが💦

 

 

 伐採後、かなり見晴らしがよくなりました⤴
↓伐る前
Dsc_0522

 

1本目 伐採
Dsc_0717

 

2本目 伐採
Dsc_0734

 

手前の桜の枝も歩道にはみ出しているので最後に伐って頂きました✨
Dsc_0767

 

 スッキリ✨ しかし、こうなると次はまだ歩道にはみ出している後ろの木々の存在が気になります😖💦
 3本の木を伐って処理をするのに随分時間がかかったので、他の木々はまた近々改めて伐って頂くことになりました❗

 

                                                 つづく

 

2018

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

ありがとうヒマラヤ杉 【1】

何十年も前から製材所の敷地内にそびえ立っている2本のヒマラヤ杉
Dsc_0525
最初、勝手に『シベリア杉』だと私が勘違いして何度もブログで紹介してきましたが、昨年 『ヒマラヤ杉』 だとわかってから、更に愛着がわいています


2年前から薔薇のような杉ぼっくり(?)が落ちてくるようになって子ども達からも好かれていましたが…
伐採されることが1月下旬に決まったのでした。

家族みんな残念で仕方ないし、子ども達は涙するほど悲しんでいますが
Dsc_0522

このように国道にはみ出してしまっていたし
(手前にある桜の枝も出ているので同じく伐る事になるでしょう…)
植木屋さんから「ヒマラヤ杉は根が浅いから倒れやすい木」だと忠告もされたので、いい機会だと思い、伐採を決断しました。

子ども達が学校に行っている間に伐採されるかも知れない…という事で、伐られることが決まった日から何枚も子ども達はヒマラヤ杉をバックに記念撮影をしました。

今年は雪がほとんど降らなかったので
「雪化粧したヒマラヤ杉を伐られる前に見れなくて残念だなぁと思っていたのですが、幸い1月26日に雪が積もってくれたので、その姿を撮影する事もできました
Dsc_0534

伐採することは決まったものの、その日程が決まらないまま2ヶ月ほどが経っていたのですが、ついに伐採される日が決まったので、2回に分けてブログに書き残したく思います。

日程が決まりますます子ども達は残念そうですが
「伐採されても切り株は残るから、年輪を数えたり、今までとはまた違った観察が出来るようになるよ!」と話したら、笑顔が見えるようになりました

一昨年、薔薇のような杉ぼっくりが初めて確認できましたが、その翌年はあまりできず…今年は更に数が減っています。
Dsc_0527 見た感じではわかりませんが、本当はもう老木なのかも知れません

伐ってみないとわかりませんが、中が腐っていなければ板にして自宅用のミニテーブルなどを作れば、子ども達が喜ぶんじゃないか?と夫は考えてくれています♪

伐採されるのは私も淋しいですが、どのような工程で伐られるのか楽しみでもあります
その様子は
カメラやビデオで撮影しようとも思っていますので、またブログで紹介します

Photo

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

今年は色々と節目年なので…飾ってみました♪

3月になり、私はまた1つ大人になりました
さようなら30代。。。

あと2ヶ月ほどで年号が変わる節目の年に、四十路に突入したのでとても特別な感じが個人的にしています

そういう事もあり、今年は娘たちのお雛様だけでなく、私のお雛様も5年ぶりに飾ってみました
Dsc_0617

飾るのも片付けるのも大変な七段飾りですが、子ども達は勿論の事、大人たちもテンションがあがる存在感と華やかさがあります

私のお雛様は毎年飾る事は出来ていませんが、幸いな事にどの人形も綺麗なお顔のままなので大変嬉しく思います
末娘だった私が40歳を迎えたので、両親も感慨深いようです。

子どもの頃、いつも一緒に私の誕生日&ひな祭りのお祝いをしてくれていた、今は亡き私の祖父母もきっと喜んでくれている事でしょう
自分自身「40かぁ…」と驚いていますが、大きな病気や怪我をすることなくこの年齢を迎える事ができて本当に幸せだと感じています。

先日、某TV番組で 『女性の本当の厄年は40と言ってもいいほど、40歳の時にいろいろ大変な事がある人が多い』 と言われていたのを耳にしてしまい
「あぁ…聞くんじゃなかったぁ」と思いましたが、厄年うんぬんは気にせず、この一年も体調等に気を付けながら一生懸命あれこれ頑張ろうと思います


ちなみに今年は、義母が玄関に義妹のお内裏様も飾ってくれました
Dsc_0653
義妹のお雛様も本来は七段飾りなので、いつか並べて飾ってみたい気持ちもありますが……一つでも飾るのが大変なので実現させるのは難しいかな???

でも、いつか飾る事ができたらいいなぁと思っています

Photo

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »