« 木が湿気で乾きにくい | トップページ | 宇陀松山 華小路 【2018】 »

風倒木の中

昨日、作業場に行ってみましたらこのような板が目に留まりましたeye
Dsc_0216
最初は「挽粉(ひっこ)が付いているのかな?」と思ったのですが、払いのける事が出来なかったので「うわぁ…虫の侵食痕sign02shockと、顔をゆがめてしまいました。。。

しかし、残念ながら(?)それも不正解。

この模様は木が山で育っていた時、風に圧迫されてできた傷(通称:風倒)だそうですcoldsweats02
このヒノキは強い風に耐えて耐えて育ったようです。

今年は大きな台風が多かったので、山にはこのような木がたくさんあるのでしょう。。。

作業場を後にする時、ふと足元に目を落としましたら…
Dsc_0217
アリジゴクの巣がいっぱいcoldsweats02
今まで一度も気付きませんでしたsweat01
最近めっきり秋の空気になったので蟻の姿は全く見えません。
アリジゴクにとっていい季節だった頃には、きっとたくさんの蟻が作業場を行き来していたのでしょう。
儚げなウスバカゲロウに無事成長しますようにshine

学校から帰って来た子ども達にも、この巣のありかを教えてあげましたら、みんな興味津々で喜んでいましたhappy01
Photo

|

« 木が湿気で乾きにくい | トップページ | 宇陀松山 華小路 【2018】 »

木工・製材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木が湿気で乾きにくい | トップページ | 宇陀松山 華小路 【2018】 »