« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

木が湿気で乾きにくい

今年は大型台風が本当に多い…

台風でなくても雨も多いように思います。
その為、木が湿気を多く含み木工品の出荷が遅れるなどといった悪影響も出ております

しかし、いい天気の日は本当に清々しい秋晴れで、家の中にいても
サンキャッチャーが美しい光を集めてあちらこちらを輝かしてくれるので気持ちがいいです
Dsc_0190
ただ…やはり雨の日が多いのです
我が家は作っていませんが、お米を作っておられる方々も周りにたくさんいらっしゃるので、こうも雨や台風があると心配でなりません。
もちろん、山の木々も心配です。。。

ここ宇陀では本日、運動会が行われる予定だった学校が多かったのですが、今こちらに向かっている台風24号の影響からすべての学校が日程を変更しました残念でなりません

24号も大きな台風の様ですが、少しでも被害がでませんように…と願うばかりです。



Photo

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

夏の終わりの…行灯・ピアノ発表会・室生寺

夏の終わりにあったこと。

8月24日(金)  
ほんのりあんどん 夜のアニマルパークへ
Dsc_0048 今年も学校で描いた娘達の行灯が綺麗に並んでいました
Dsc_0044 長女は、好きなウミガメ
_convert_20180903104523
次女は好きなインコのキャラクターとオリジナルの猫たち
_convert_20180903104652

三女は好きなキャラクターの猫
_convert_20180903104638_2
自分やお友達の作品を見つけて、子どもも大人もみんな嬉しそうでした
_convert_20180903104621

この日はお月様がとても綺麗で、より一層 幻想的でした
_convert_20180903104603
_convert_20180903104544

翌日には、街並みライトアップイベントもあったのですが、その翌日に控えたピアノ発表会の事を思うと家族みんな なんだか ソワソワしてしまっていたので、今年は残念ながら足を運びませんでした。


8月26日(日) アノ発表会(長女:6回目 次女:4回目 三女:3回目)
 娘達は 独奏・連弾・ハンドベル 全てを今回もよく頑張りました
 今年は夫が長女との連弾を引き受けてくれたので、家族総出の発表会となりました
私は下2人の連弾と、昨年に続き仲間たちと歌も歌わせてもらいました
Collage1535937256735 とても楽しかったのですが、私はまたしても連弾でミスをしてしまいガックリ
夫は堂々たる演奏でほぼミスタッチのないように客席からは見えたのですが…

なんせ舞台上でピアノを披露するのは25年ぶりだった為、実際はものすご~く緊張して、手がブルブルと震えていたらしいです
横で一緒に弾いていた長女は笑いをこらえるのが大変だったとか
でも、夫と長女は音楽性がよく似ているので相性はバッチリでした来年も是非この2人でタッグを組んでいただきたいものです




8月27日(月) 室生寺へ 
 
前日、ピアノ発表会を聴きに、はるばる愛媛から来てくれていた私の両親と共に、室生寺へ行って来ました
Dsc_0076 両親と子ども達にとっては初めての場所。
たくさんの石段を上がりながら、国宝の本堂
(鎌倉時代)  金堂 五重塔(平安時代初期)などをゆっくり見て回りました。
Dsc_0087

Dsc_0093

弥勒堂 (重要文化財・鎌倉時代)など、所々残念ながら工事中の為、見られませんでしたが、厳かな雰囲気をひしひしを感じ、清々しい気持ちになりました。


その後、奥の院 御影堂を目指す一行。
Dsc_0105
しかし、ここで普段、全く階段を使わない生活をしている私の膝に早くも違和感が
せっかくここまで来たのだから奥の院まで頑張ってみるか…と思う気持ちはあったのですが、この階段を上り下りしたら翌日以降まともな生活がしばらくできなくなるのでは
Dsc_0107

そんな不安が大きかった為、私だけ『一休みコーナー』でみんなの帰りを待つことにしたのでありました
Dsc_0118
全体的に見るとこの辺り
Dsc_0113 途中、何人かの参拝客が奥の院を目指すも、誰もこの休憩場で休むことはありませんでしたよっぽど私は体力がないようです

しかし、ここで1人待っている間に色々な発見がありました

左を見れば、このような風景
Dsc_0111 何やら石像が… 途中まで近寄ってみるも、『マムシ注意』の立て看板に恐れおののき中断
左斜め前を見ればこんな風景
Dsc_0116木の精霊が出てきそう
奥に見えるお地蔵さんらしき石像に近付いてみましたら…怒ったお顔でした御不動さまでしょうか? 手はあわせましたが写真は恐れ多くて撮れませんでした。
見上げれば生命力あふるる木々。
Dsc_0115 右を見ると、倒れた大木。
Dsc_0119 この大木、よ~く見てみると…

苔むした 笑うヒノキさんでした
 (杉かも知れませんが
Dsc_0120 こんな所でも 笑うヒノキさん に会えるだなんて


右斜め前の遠い所には 「誰が使うの」 と思うような山道に立て掛けられてあるハシゴを発見したり、どこからともなく突如現れた大きな蜂にしばらくまとわりつかれたり

そんなこんなで、しばらく1人で休憩しておりましたら、みんなが下りてきました
Dsc_0122
みんな、おかえりなさいよく頑張った

奥の院の様子はこちら

1535365023131

七重石塔 ↓1535364999395
上のパンフレットにある絵から想像して本物を見ると、随分こじんまりとした七重石塔…ですが、次はぜひ自分の目で見たいと思います


子ども調べによると、下りた石段は781段 (しかし正式な数は770段なのだとか?)
奥の院 行きを諦めた甲斐あってか、私は足を痛めることなく翌日以降も元気に過ごしております


さて、本日より子ども達は2学期スタート
台風がまた近づいておりますが…元気にまたあれこれ頑張ります
2017

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »