« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

宇陀松山 華小路・はならぁと【2017】

今年も参加してきましたshine
Dsc_4132 昨年はゆっくりしていた為、ダリアの花並べが少ししか出来ず残念だったので、今年は早めに家を出てボランティアさん達にまじって一生懸命並べてきましたhappy01

しかし、今年は生憎の天気…
雨の中、カッパを着用しての参加となりました。
Dsc_4079 並べている時はほとんど雨が降らなかったのは幸いでしたが、お天気の影響があったのか、今年はダリアの数が少なかったようで、ほとんどがデザイン画とは違った仕上がりになりましたが、2面分のデザインを私と友人・子ども達が主体となって並べさせて頂けて嬉しかったですheart02

花が足りない為、このような葉っぱを敷き詰める箇所が最後の方は多くなったのですが、この葉っぱの先がとても鋭く、指にあたるとものすご~く痛くて難儀しましたcrying 
Dsc_4082 ハサミが無かった為、みんな 
(大人のみ) 頑張って手でちぎっていたのですが、あまりの痛さに「痛い痛い…shock」「まるで鬼のような痛さcrying」と私が小言をこぼしていましたら…近所のお肉屋さんの奥さまが見かねて途中から剪定ばさみを貸して下さいましたshineweepshine有り難やshine

ハサミを貸して頂けたおかげで、その後はスムーズに作業がすすみ、無事 小路 の完成happy02
Dsc_4091

Dsc_4095

雨にぬれるダリアと小路もまた美しいconfident
Dsc_4096

Dsc_4104 石景庵(せっけいあん)の中庭はこのようになりましたshine
なんとなく、昆虫を連想しますが…モチーフはなんだったのかな?confident
今年もこちらをデザインされたのは画家の西山タカスケさん
写真撮影をしていた時、私達の背後におられたのですが…軽く挨拶をするのに精いっぱいで、デザインの事などを話しかける事はできなくて残念coldsweats01

Dsc_4086 ダリアを並べ終わった途端、雨が降って来たので今年はゆっくり撮影できなかったのですが、どの作品も綺麗に完成してとても良かったですwink

2時間ほど頑張って花並べのお手伝いをした後は…
Dsc_4110
cafe equbo*にて美味しいパンやジュースなどをいただきましたheart01
Dsc_4122 まったり休憩した後は、小雨が降りしきる恵比寿神社にてマーケットを満喫note
あちらこちらで2年ぶりとなる
はならぁとも開催されていたのですが…本格的なアート作品ばかりの為、なかなか子連れでは入れず…
Dsc_4133 でも、気になる会場や展示があったので、時間を改めて夫婦だけで少し散策してきましたconfident

まずは、大宇陀小学校の4年生が歌や声などで協力したhirviアートプロジェクト【音楽家の美術展】が展示されている
千軒舎

Dsc_4137
入ってすぐに目についた作品。手である部分を触れると光と音が変化します。
「まるでヒノキ風呂みたい…」と感じた私に対し、夫は
「製材の仕方が近年ではなかなか見られない方法で面白い。」と感じたようです。


続いて、進んだ先にあった蔵の中へ。。。
Dsc_4144

何年か前のライトアップイベントで一度入った事があるこちらの蔵。
明治前期創建と推定される元 薬屋の蔵。(のちに歯科医院を経て平成15年に大改修され現在では まちづくりの拠点施設)

なかなか趣のある建物なのですが…ほの暗い蔵から聴こえてくる音にドキドキeyesweat01
Dsc_4140
それでも、長女たち4年生が音源協力したという作品がどのようなものか聴いてみたくて入ってみました。。。


現代音楽…?いや、現代音楽からなる音…?電子音響音楽の数々が延々流れ続けている空間。
長い作品で4分ほど。短い作品は2分ほどのものが5曲あったのですが……なんと申したらよいのか…私個人の感想としましては
楽しそうな子ども達の声さえも怖く感じてしまうような音楽作品でした。

Mov_4143_000200

夫は解説に目をやりながら聴いていたからか、特に恐怖を感じることなく「なるほどなぁ…」と冷静に分析していたようですが、私は終始落ち着かなくて、雨にぬれる中庭を時々見ては心を落ち着かせていました。

Dsc_4141
帰宅後ゆっくり概要を読んでみましたら、最後の方に

『暗闇の中で音だけを聴くという行為は、特に知らない音やどんなものか予想もつかない音の場合は時として大変な恐怖になりうる危うさも十分に孕んでいます。ですので、別紙の注意事項をよくお読みになり、ご理解頂いた上でのご鑑賞をお願い申し上げます。』

と書いてありましたcoldsweats01 もっと早く読んでおけばよかったですsweat01子連れで行かなくて正解だったようで…


蔵を出た後に見た作品の中に【目々連~続~】というものがありました。
Dsc_4145

妖怪 モクモクレンにちなんだ妖怪サウンドだそうで、数多くのスピーカーから50人弱の子ども達が思い思いに発した  という言葉(?)が次々にに聴こえてきます。
こちらも不気味でしたが、周りが明るいからか少しユニークにも感じましたconfident
障子に無数の目のようなスピーカーがついているのですが、よく見ると眼鏡やサングラスのようなモチーフも search

沢山の音楽作品の中に使われていた子ども達の声の中に長女の声もあったはずなのですが、そちらは親である私たちでも確認できず残念gawk

毎日聞いている声でも、このようなアートになると耳だけでは聞き分けられないものなのか…と不思議に思いました。


さて、千軒舎を後にして向かった先は、普段は非公開の喜楽座


明治後期~大正期に建てられた芝居小屋で、のちに映画館に改装され地域の人たちに愛された場所とのこと。
義父が若い頃はまだ映画館として利用されていたそうですが、こちらは改修などされていない場所の為、さきほどの蔵とはまた違った怖さが入り混じっておりましたcoldsweats02
Dsc_4146

演出なのか、色々な物が無造作に置かれてある舞台。。。
二階(?)には桟敷席も。
そして天井にはこのような模様がsign01
Dsc_4147

ん?この模様…どこかで見たことがあるような???と思ったら、はならぁと のポスター・チラシにありましたshine
15092385541041430367610 薄暗~い建物の中を夫婦で静かに散策。

まるで肝試しのようweep…と感じている私とは違い、夫は材木を物色してなんだかとっても楽しそうcatface
Dsc_4152


「背挽きが斜めに入ってるsign03eyeと割れた柱を見て張り切って発言した私。

「いや、これは背挽きちゃう。自然に割れただけ。」と淡々と説明してくれる夫。

柱などいたる所にチョークにて解説が書かれてあったので、たくさん眺めては
「なるほどな~」と感じた数十分間でした。
Dsc_4154

私たちの親世代が見たら、また違った感情が湧くのかも知れません。ノスタルジー???


最後は、茶房あゆみ で美味しいコーヒー等を頂いて、ほっこり気分で帰りましたcafe


普段触れる事のない現代アートなどを素人なりに堪能で来て良かったですshine

早い物で10月も明日で終わり。
Photo

| | コメント (0)

台風でイベント中止が相次ぐ中、出会った微生物…

先日、超大型台風21号が通り過ぎ去りました…

台風が近づく前から秋雨前線の影響から何日も雨が降り続いていたので、今回は悲しい事に河川の氾濫や土砂崩れなどが、ここ宇陀のあちらこちらでも起こってしまいましたweep

我が家前の川は幸い氾濫することはなかったのですが、10月22日(日)の朝に撮影したものと、一夜明けた10月23日(月)に撮影した川の様子を見比べると、水位がかなり上がっていた事がわかります。


Dsc_4062 台風の影響で、たくさんのイベントが中止になりました。

この季節は週末ともなると、
「どのイベントに行こうかな?happy02と真剣に悩んでしまう程、各地で楽しそうなイベントが多数行われるので、中止のお知らせが入るたび残念な気持ちになりましたweep

お客としていく側も残念ですが、主催者側はもっともっと残念だったことでしょう…

そんな中、日曜のイベントは中止になったけれど、初日の土曜は開催されていたイベントの一つに行く事ができましたrvcar

いつもの土曜日なら、多くの人で賑わう うだ アニマルパーク ですが、この日はパーク内も駐車場もガラガラ。。。
しかし、そのおかげで順番待ちなどせず、時間のゆるすまま
ネイチャークラフトなどを楽しむ事ができましたshine
Dsc_4027

色々作った後は動物学習館へ。
ここで行われていた【のぞいてみよう!小さな なかま】のコーナーにハマった娘達shine
中でも次女の理系女ぶりは凄かったですcoldsweats01

数年前にも同じコーナーを覗いたことはあったのですが、今回は前回とは比べ物にならない程、熱心に専門家のおじ様たちの話に耳を傾けながら微生物を愛おしそうに覗いておりましたhappy01


Dsc_4029
その横では、奈良市立三笠中学校バトン部による可憐な演技がnote
しかし、次女はダンス  微生物

私はバトンと微生物の両方を楽しく見ていたのですが…

顕微鏡と連動してスクリーンに映し出されていたミジンコが、バトン演技で使われている曲にピッタリ合った動きをしている事に気が付いてしまってからは、ノリノリなミジンコに目が釘付けlovely

次女は顕微鏡を覗くのに必死なので、隣の別コーナーで塗り絵を楽しんでいた長女と三女にノリノリ ミジンコの可愛さを知らせて一緒に「可愛いheart04可愛いheart04と盛り上がってしまいましたhappy02


その流れから、長女・三女も加わり微生物観察に没頭。。。

Dsc_4030

イベントも終盤にさしかかり、ほとんどのコーナーが店じまいを始めるも、ここのコーナーだけは子ども達の熱気が冷めず…

専門家(研究員さん?)のおじ様たちは「こんなに興味を持ってもらえて嬉しいなぁhappy01」 「将来が楽しみやなぁhappy01理系女さん、待ってるで~!」と仰って下さり、最後の最後まで色々な説明など丁寧にして頂いたのですが、終わりの時間が来てしまい観察は終了。

微生物との別れをとても悲しむ次女におじ様たちから微生物がいっぱい入ったペットボトル(画面 右奥)がプレゼントされましたsmilesweat01
Dsc_4031

肉眼でも見える大きさの微生物がウジャウジャeyesweat01

「アニマルパークで木工遊びをしてくる♪」 と出掛けた子ども達が、微生物を持ち帰ったので夫はビックリしながらも、自宅にある顕微鏡のセッティングをしてくれましたconfident
Dsc_4043
そして、
観察再開sign03
Dsc_4059 1時間以上、楽しく観察した後、微生物は自然へと戻されたのでありましたnote


雨が降り続ける中、ほとんどのイベントが中止となってしまいましたが、少しでも子ども達と楽しむ事ができて良かったですhappy01
人が少なかったのは残念でしたが、参加者が少なかったから私もネイチャークラフトができたのは嬉しかったmaple 
_20171021_154539 この週末もイベント盛りだくさんなので楽しみにしているのですが…また台風が近づいているので心配shock

土砂災害が増えなければいいのですが…
Photo

| | コメント (0)

約7年ぶり!原木市場の下見に付き添ってみました。

このブログを始めた頃の2009年に原木市場でのお仕事という記事を書いてから、何度か市場に関する話題は載せてきましたが、この度…ものすご~く久しぶりに市場の下見に行く夫に私も同行しましたhappy01

Dsc_4005
過去ブログによると、前回付き添ったのはなんと2011年2月eyesweat01
そんなに年月が経っていた事に驚きましたが、この7年ほどの間に私もすっかり度胸…といいますか、肝が据わったようで…前回はなんとなく恥ずかしくて車内からひっそりと眺めていただけなのに、今回は夫と共にあちこち原木を見て回りましたsmile
Dsc_4001 ただ、木を見る目は7年前と全く変わらず、素人なのですがcoldsweats01 杉と檜の違いは分かるようになっていたので少し成長したように思います。。。
Dsc_4002 じっくり木を見つめ、明日に控えている市場で買いたい木に目星をつける夫。

皮を軽く剝いて色々な部分を見て回ります。
Dsc_4003 せっかく一緒に居るから…と気遣ってか、時々「これはこうこうこうで…こうなってんねん。」と私に説明してくれたのですが、わかるような、わからないようなcoldsweats01??? 

自分の説明が妻の心に響いていない事に気付いたのか、最後の方は
「ほれ。これは虫食いのあとやで。」 と、子どもでも一目でわかる虫が食った穴がいっぱいある木を教えてくれましたeyesweat01
Dsc_4007
ひ~coldsweats02 穴ぼこだらけsweat01 
こんなにたくさん穴があけられている木を見るのは初めてsweat01
でも、中の方までは食われていないらしく、製品価値は十分にあるそうです。


あちこち散策していると、以前見かけた笑うヒノキさんのような丸太やニコちゃんマークのような模様(節)がある木も発見sign03
Dsc_4004

1人心の中で「ニコちゃんみたいcatface」と思いながらコッソリ撮影smile


普段はもうヒノキの香りがわからなくなっている私ですが、たくさんの丸太が置かれてある市場ではほのかな香りを感じる事ができたので嬉しかったですshine


まぁ、杉の丸太も多数あったので、もしかしたら
杉の香りだったのかも知れませんが…



2017






| | コメント (0)

深まりゆく秋。。。

10月に入り、ますます肌寒くなってきました。
夫が大好きだという金木犀の香りがどこからともなく漂ってきますshine

こちらは近所の学校に咲く金木犀
Dsc_3845

去る9/23(土) 子ども達の運動会が無事終わりましたhappy01
3人が揃った運動会は初めてだったので、見所満載sign03
すごく楽しくて充実した数時間でしたnote
Collage1506344272279_2  



でも、応援と撮影に走り回ったので、なかなか大変でしたcoldsweats01

来年は保護者一般競技を除く 1・2年    3・4年    5・6年  の全てのプログラムに娘たちが出場する事になるので益々休む暇がなくなりそうです…が、まぁ、その分、一人一人をしっかり応援・撮影できるので張り切って頑張りますup


とにかく、今年は心配していた雨に降られる事なく程よい気候の中、無事に運動会が終わって良かったnote

優勝は末娘がいる黄組shine 次女の赤組は3位 長女の緑組は残念ながら最下位でしたbearing 次女は昨年 優勝チームでしたが、長女は未だ優勝チームになった事がないので、来年か再来年には優勝できるといいなぁgood


空からも秋らしさを感じてる今日この頃。

綺麗な雲を見ては子ども達とワイワイ言い合って楽しんでいますlovely

先日は、長女が見事なクリオネ雲…いや、雲に囲まれてぽっかりあいた空間がクリオネのようだったので、
クリオネ空と言った方が良いのかも??? を発見しましたhappy02

みんなテンションが上がったのですが、あいにくスマホやデジカメを持ち合わせていなかったので、大急ぎで家まで取りに帰ったのですが、戻ってみると……

Dsc_3846 綺麗だったクリオネはどこへやら。。。 ちょっと名残はありますがgawk残念down


昨日は中秋の名月でしたねshine
とても綺麗なお月様をピアノ教室への送り迎えの際、子ども達と観れて良かったですfullmoon
しかし、夜風が冷たかったので少ししか眺められませんでしたsmile

深まりゆく秋をこれからも楽しみたく思いますsign01
Photo

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »