« イラストのお仕事【ヤサキング】 | トップページ | 冷やし中華はじめました? »

まな板の保管方法

木工品 杏吉で人気のある吉野ひのきまな板は我が家でも愛用しております。
少しでも美しい状態を保ち、長く愛用したいと思っておりますので、使用した後はすぐに洗い、軽く水けをふき取ってからまな板スタンドに立てて自然乾燥させています
 shine
今回はこの、自然乾燥させる間のまな板の立て方について書きたいと思いますhappy01

まな板は、このように横にした状態で置かれているのをよく目にします。
Ca3k0271

横に置いた方が安定感があり、圧迫感が少ないのでいいのですが…乾燥段階では縦にして置いた方がより早く乾くのですshine
Ca3k0272 その秘密は樹の繊維の構造にあるんだそうです。
Ca3k0273

檜として山に生えていた時と同じ向きにして立ててあげると、洗った時しみ込んだ水分が横にしている時より早く蒸発するのですdown
その為、早くすっきり乾きます。
完全に乾いたら、置き方は縦・横・ななめ…どのように置いていただいても構いません
wink
半乾き状態のまな板を横にして保管されている方は是非【縦置き】をお試しくださいませshine

もっとしっかりお手入れされたいお方は【まな板のお手入れ方法 】をご覧くださいhappy01
Photo

|

« イラストのお仕事【ヤサキング】 | トップページ | 冷やし中華はじめました? »

木工・製材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イラストのお仕事【ヤサキング】 | トップページ | 冷やし中華はじめました? »