« 変化し続ける私のgremz | トップページ | まな板の保管方法 »

イラストのお仕事【ヤサキング】

以前、ロゴマークを考えて描かせて頂いたヤサキハウジングから
「会社のゆるキャラを考えたので、原案をもとに色んなパターンのイラストを描いて欲しい」 というご依頼を1月末に頂きました。

という訳でここ最近、久しぶりにイラストのお仕事を頑張っておりましたpencil

新しく誕生したキャラクターのはコチラ↓
Photo
名前はヤサキングというそうで、性別は男の子(?)とのこと。

ちなみにご依頼主様から頂いた原案はコチラ↓
Photo_2
・基礎(足)は丈夫なコンクリート
・白いお肌は珪藻土
・屋根(頭)は緑の石州瓦
・煙突は耐火レンガ
・てっぺんにはキングにふさわしく王冠
・趣味は
(株式会社ヤサキ様の)
菌の黒汁を撒きながらの家庭菜園

以上のことをふまえて私なりに描かせて頂いておりましたら、鼻を付けたら更に可愛いのではないか???と感じ、オレンジ色の可愛い鼻を付け足してみましたところ、気に入っていただけたので良かったですhappy01
キャラクターデザインが定まれば、あとはひたすら色んなバージョンのヤサキングを描くべし描くべしshinecrownshine pencil

菌の黒汁を手に家庭菜園を楽しむ様子や…
Photo_3 ハウジング会社に欠かせない大工仕事を頑張る様子…
Photo_4 せっかくなので色んな表情をしたバージョンも作成してみました
note(コチラは困った表情)
Photo_5 「煙突からハートの煙がでてるのも…」というご要望も頂いたので描かせていただきましたが……ずいぶん可愛くなったのでもう、女の子にした方がいいのでは???とちょっと思ったりも。。。
Photo_6
今回も描いていく内にどんどんキャラクターに愛着がわいてきて楽しかったですheart02ヤサキングくん、ゆるキャラとしてこれから色んな場面を盛り上げていってくださいねwink

木工品 杏吉 のイメージキャラクター きーなちゃん も久しぶりに違うバージョンのイラストを描きたくなってきましたbud
Photo_7

|

« 変化し続ける私のgremz | トップページ | まな板の保管方法 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

いろいろなバージョンをありがとう!
デコメにして皆様からもかわいい!!と人気
上昇中です。
これからも宜しくおねがいします。
 シール、クリアファイルなどにするべく
計画中です。出来上がったらお送りいたします。

投稿: ヤサキングくんのママ | 2012年2月20日 (月) 18:07

◆ヤサキングのママ様
喜んで頂けて光栄ですshine
デコメ人気も上昇中とのこと。嬉しく思いますhappy01
いろいろグッズにも使っていただけるようで…heart04
楽しみにしています!!

投稿: 杏 | 2012年2月21日 (火) 00:03

ご無沙汰しております。
元気だけが取り柄なので家族共々頑張っています(^^)v

最近はまいぷれ出雲やFacebookの方が忙しくて(^_^;)

それにしても絵心までお持ちとは!(^o^)
ヤサキハウジングのHPに顔を出すのを楽しみにしていますo(^-^)oワクワク

投稿: あきっぺ | 2012年2月29日 (水) 22:09

◆あきっぺ様
ご無沙汰しております!
どうされているのかと思っておりましたが、相変わらずご多忙なようで…安心しました。
ヤサキングくん、色んな場面で活躍していってくれるといいなぁshine と思っていますhappy01

投稿: 杏 | 2012年2月29日 (水) 22:19

かわいいキャラですね~
質問ですが、緑の石州瓦には理由があるんでしょうか?
愛媛県なら三州瓦が多いかな~とか、石州瓦は赤茶色だな~とか思いました。

投稿: こんにちは | 2012年8月11日 (土) 08:23

◆こんにちは様
コメント有難うございますhappy01
ヤサキングの生みの親であるご依頼主から受け取らせて頂いた原案に
『屋根(頭)は緑の石州瓦』と記されてあったので緑色にしました。
緑系の3色にしたのはその方がキャラクターとして可愛いかな???と思ったからですshine

ヤサキングがイメージキャラクターのヤサキハウジング様では、石州瓦を主に使われているそうで、社宅に使用されている瓦の色が緑なのでキャラクターの瓦も緑にしたそうですhappy01
私はよく知らなかったのですが、最近は(?)瓦もカラーバリエーションが豊富だそうですね!

投稿: 杏 | 2012年8月11日 (土) 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変化し続ける私のgremz | トップページ | まな板の保管方法 »