« わっちゃん達のその後 | トップページ | 初めての運動会 »

いつの間にやら飼育係に…

先月、地元大宇陀であった夏まつりで長女が釣り上げた4匹のザリガニさん達。
我が家の通路で飼っていたのですが、脱走したのかナニモノかに狩られてしまったのか…どんどん減っていき、最後の1匹になったところでマノン
dogのそばに水槽ごと引越しさせたら全く減らなくなった。
どうやら他の3匹の姿が消えたのは脱走が原因ではなかったようだ
sad

最初の頃は子ども達も「ザリガニ見る~happy01」と言って興味津々で、夫と共によく世話をしてくれていたのですが、いつの間にやら私が水替えや掃除、餌やりをするようになってしまいましたsweat02

よくアニメやドラマ等で「最後まで責任持って飼えるの?どうせすぐお母さんが世話しなきゃいけないことになるんだから~」などといったセリフを耳にした事がありますが……コレって母性が関係しているのかな?と思ったりします(-∇-;)

自分が世話をする義務はないのですが、忘れ去られかけた生き物って物凄く気になります。
ゴミ出しや洗濯物を干したり取りこむ時、マノン
dogの世話をしている時などついザリガニやカブトムシ・クワガタの事が気になって、そっと様子を窺いますeye

餌はあるかな?
水槽は汚れていないかな?
直射日光は当たっていないかな?
雨水があたっていないかな?
カラカラに乾燥していないかな?

世話を怠ったが為に死んでしまうのは、例えあまり好きではない生き物でもやっぱり可哀想で…
気になって気になって仕方ないのですsweat01

カブトムシやクワガタは、私が世話しなくても夫が毎日、仕事が終わった後かいがいしくお世話しているので問題ないのですが、ザリガニに関してはすっかり私が飼育担当者化しておりますσ(-ワ-;)脱皮直後の様子も見守らせていただきましたsweat02
(夫もたまに世話していると申しておりますが…)

私が餌を与えようとしたらすぐに近寄ってきて食べてくれるので夫に
「すっかり懐かれてるやん?」と言われ、
水替えの手際よさも褒められました…喜ぶべきでしょうか???

ただ、たった1匹になってからとても淋しそうに見えるので、正直自然にかえしてやりたい気持ちが日に日に大きくなっているのですが、


「アメリカザリガニは外来種やからむやみやたらに放したらあかんねんで?」

…と
夫に言われるのでどうしたものかdown
やはり責任持って最期まで飼育するしかないかな…


早いもので、もうすぐ9月も終わり。

Photo

|

« わっちゃん達のその後 | トップページ | 初めての運動会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わっちゃん達のその後 | トップページ | 初めての運動会 »