« アバターを変えてみました。 | トップページ | 作業場散策 »

製材機付近を散策

ここ数日半袖で過ごしても暑いくらいの気温が続いておりますが、例年の事を考えるとまだコタツやファンヒーターなど、冬用アイテムを片付けることができない大宇陀です。(梅雨になるとまたグッと冷え込むのでsad

3・4・5日と松本製材所はお休みを頂いておりましたが、何かと忙しくしておりましたsweat01

しかしせっかくの休日なので、何かしたいと思い、普段危なくて近寄れない製材機がおいてある工場内へ1人こっそり(?)侵入してみましたhappy01

いつもはこの辺からチラッと眺めるくらいしかできないのですが…
Photo

製材機が動いていないので足元に気を付けながら進入~
footfoot
こちらが製材機↓
Photo_2 なかなか大きいです
eye 昭和40年くらいに製造された物らしいのですが今も立派に動いていますsign01
ちなみに製材中の様子はコチラ↓
Photo_3 「近寄って見る事が出来ない私の為に、製材風景を撮影してきて~
happy02
とお願いして夫に撮ってきてもらったものですcamerashine
大きなノコによって丸太が材になっていってるそうなのですが……どこでノコが回っているのか確認できずdown

「この写真じゃ、よくわからないんだけど
sweat01どこに刃があるの???」
と夫に尋ねましたら
「え~?わからんか? 今度見学したらええわ。」
と言われました
eye

製材中、
一歩間違えたら命を落としてしまうほど危険な作業とよく夫から聞かされているので、どのように木が切られていくのか興味があるけど…正直ちょっと怖いsweat01
でもせっかくなので、子ども達から離れてもいい時に見学させてもらおうと思いますsign03
(ひのき丸太が柱材へと変わっていく手順を知りたい方はコチラを是非ご覧下さい)

さて、話は休日の作業場へ戻るのですが、製材機の向かい側はこのようになっております。
Photo_4 いいお天気の日だったからか明るくて爽やかな印象でした
happy01
いたる所に様々な材があるのですが、こちらはお風呂のシバ用として(この後適当な大きさに切って)販売されます。
Photo_5
そして、こちら(手前)はチップ用として出荷されるとのこと。
Photo_6 わが社で製材されたチップ材を使用してできた紙を、知らず知らずの内に私も使っているのかな~?と思うとなんだか嬉しい気持ちになります
shine

作業場散策はまだまだ続く
clover
Photo_7

|

« アバターを変えてみました。 | トップページ | 作業場散策 »

木工・製材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アバターを変えてみました。 | トップページ | 作業場散策 »