« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

木がすぐ傷む季節

つい最近【木がよく乾く季節】になったと書いたばかりなのに、あっという間に梅雨入りし、木にカビが生えやすい季節になってしまいましたcrying
Photo まだ5月だというのに台風が接近中typhoon
ここ大宇陀も、連日雨ですrain
こういう季節は、白身部分の材にカビが発生しやすいので注意しなければなりません。(赤身部分は抗菌作用があるため、カビが発生しないようですshine

今日は定休日ですが、夫は大切な柱や板などにカビが生えるのを防ぐ作業をするため仕事に行っています。

こういう時、
やっぱり木は生き物なんだなぁとあらためて感じますbud
Photo_2

| | コメント (0)

綿の種、植えてみました!

以前フワフワとした可愛い綿花を分けてくださった糸賀ふとん店さまが先週、和綿・茶綿・米綿の3種類の種を、と~っても詳しく書かれた栽培方法と一緒に送ってきて下さいましたhappy01
Photo
Photo_2 我が家の庭はコンクリートなので、義父母宅の畑か庭に植えさせてもらおうと勝手に思っていたのですが、既に野菜や花が沢山植えられており空いている場所がない事が判明coldsweats02どうしようsweat01
…と思いつつ栽培方法が書かれた用紙を眺めていたら、鉢やプランターでも栽培することが可能とわかり一安心bud

というわけで、10号の植木鉢や土などを購入し、種まきの準備にとりかかりました。
最初、夫の仕事が休みの日曜日に植えようと思っていたのですが、天気予報によると生憎の雨になるとの事だったので、1日早めて
5月21日(土)に植えてみましたshine
Photo_3 左から わっちゃん1号2号(和綿)
      ちゃっちゃん1号2号(茶綿)
     
べいちゃん1号2号(米綿)ですwink
(米綿は【べいちゃん】か【まいちゃん】で迷ったのですが、子ども達から【べいちゃん】が人気だったので【べいちゃん】にしましたcatface 安直な名前ですハイ。)

置いた場所は玄関横。
Photo_4
一週間ほどで発芽するようなので楽しみ楽しみ
bud
すでに子ども達は「芽、いつになったら出る?」「まだ出てないね~」「明日は芽出るかな~?」などと、『となりのトトロ』のサツキちゃん・メイちゃんのようなセリフを言っているので発芽したら喜ぶだろうな~happy01

ちなみに種を撒いた日は、末娘が誕生してちょうど100日目だったのでいい記念になりましたheart02
Photo_5

| | コメント (2)

木がよく乾く季節

連日、カラッとした天気が続いておりますsun
(明日・明後日は雨になるそうですが)
こういう時期、洗濯物はもちろんのこと木もよく乾きます。

先月末

ご好評につき、まな板用として保管してある吉野ひのきの即出荷可能な在庫残りわずかとなっておりますので、ご注文はお早めにお願い致しますshine 急ピッチでまな板用の材を用意していますが、十分に自然乾燥してからでないと加工できませんので、今ある在庫がなくなりましたら、ご注文を頂きましても、お届けするまでに少なくとも2・3ヶ月お待ちしていただくこととなりますので宜しくお願い致します。

と、ブログ内でご紹介しておりましたが、気候に恵まれたおかげで
いい具合に自然乾燥できつつありますhappy01
Photo 手前に立てかけてあるのが、自然乾燥中のまな板材です。
このような材が現在、作業場内のいたる所でたくさん見る事ができますshine
今月は、母の日や結婚記念日等、プレゼント用のご注文を多く頂いているので、即出荷可能なまな板材の在庫がなくなったらどうしようsweat01…と心配していたので、いいお天気に感謝ですhappy02
Photo_2

| | コメント (0)

作業場散策

前回の記事の続きです。
作業場には、様々な材が並べられているのですが、
丸太を柱などに製材していく過程で出たコチラ↓は何になる材だと思いますか?happy01
Photo

これらは業者さんの手によって
割り箸へと生まれ変わるのですshine
長い年月をかけて大きく成長したヒノキが、柱やフローリングなどの建築材だけでなく、まな板や割り箸、紙、シバなどの生活用品にも姿を変えていくというのは素晴らしい事だと感じておりますclover

Photo_2


| | コメント (0)

製材機付近を散策

ここ数日半袖で過ごしても暑いくらいの気温が続いておりますが、例年の事を考えるとまだコタツやファンヒーターなど、冬用アイテムを片付けることができない大宇陀です。(梅雨になるとまたグッと冷え込むのでsad

3・4・5日と松本製材所はお休みを頂いておりましたが、何かと忙しくしておりましたsweat01

しかしせっかくの休日なので、何かしたいと思い、普段危なくて近寄れない製材機がおいてある工場内へ1人こっそり(?)侵入してみましたhappy01

いつもはこの辺からチラッと眺めるくらいしかできないのですが…
Photo

製材機が動いていないので足元に気を付けながら進入~
footfoot
こちらが製材機↓
Photo_2 なかなか大きいです
eye 昭和40年くらいに製造された物らしいのですが今も立派に動いていますsign01
ちなみに製材中の様子はコチラ↓
Photo_3 「近寄って見る事が出来ない私の為に、製材風景を撮影してきて~
happy02
とお願いして夫に撮ってきてもらったものですcamerashine
大きなノコによって丸太が材になっていってるそうなのですが……どこでノコが回っているのか確認できずdown

「この写真じゃ、よくわからないんだけど
sweat01どこに刃があるの???」
と夫に尋ねましたら
「え~?わからんか? 今度見学したらええわ。」
と言われました
eye

製材中、
一歩間違えたら命を落としてしまうほど危険な作業とよく夫から聞かされているので、どのように木が切られていくのか興味があるけど…正直ちょっと怖いsweat01
でもせっかくなので、子ども達から離れてもいい時に見学させてもらおうと思いますsign03
(ひのき丸太が柱材へと変わっていく手順を知りたい方はコチラを是非ご覧下さい)

さて、話は休日の作業場へ戻るのですが、製材機の向かい側はこのようになっております。
Photo_4 いいお天気の日だったからか明るくて爽やかな印象でした
happy01
いたる所に様々な材があるのですが、こちらはお風呂のシバ用として(この後適当な大きさに切って)販売されます。
Photo_5
そして、こちら(手前)はチップ用として出荷されるとのこと。
Photo_6 わが社で製材されたチップ材を使用してできた紙を、知らず知らずの内に私も使っているのかな~?と思うとなんだか嬉しい気持ちになります
shine

作業場散策はまだまだ続く
clover
Photo_7

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »