« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

鉄婚式

本日10/31は私達夫婦の結婚記念日heart02
Photo
6年目の今年は【鉄婚式】と言うそうです。

紙婚式から始まり、綿→革→書籍→木→鉄と、だんだん硬いものになってきた…
夫婦の絆も鉄のように硬くなってきたかな?
shine

あ。でも鉄って熱に弱いですよね。
あまり熱くなるような喧嘩にはご用心
sign03ってことでしょうかhappy01sweat01

今日はちょうど日曜日で仕事が休みなので、小雨降る中ではありましたが家族4人でお祝いランチしてきました。

Photo_2
来年もいい記念日が迎えられるといいな
heart04
Photo_3

| | コメント (4)

綺麗な生き節

わが社の製品は、無節または節が少ないものが多い。
それは、敢えて原木市場で節が少ない木を見極めて購入しているからなのですが、たまに左側に写っている赤くて綺麗な生き節がたくさんある材がとれる事も
eyeshine
Photo
普段、節の少ない材ばかりを見ているからか節有りの材は新鮮に感じるのですが、全国的には無節の材の方が貴重だそうです。

Photo_2 適切な管理をしている森からとれる木は無節のものが多いのです。
ただ、この適切な木の管理というのがとても難しいようです…
山に生えている木の管理は山師と呼ばれる方々がされているそうなのですが、ちょっと夫から枝打ちなどの管理話を聞くだけで「大変そう
sweat01」と感じるほど。


節有り・節無し どちらに惹かれるかは人それぞれでしょうが、私の目には節無しは【美しく】 節有りは【可愛く】写ります
happy01 なんとなくキリンを連想するのでheart04
Photo_3

| | コメント (2)

雨水だと思いきや!

夕方、製材所の土場を歩いておりましたら先日ブログに登場したヒノキの皮 が綺麗に山積みされていました。
Photo これだけ集まると立派だなぁ
happy01 と思いながら近付いてみると…
Photo_2                
            雨水が
sweat01

あれ?今日は今にも雨が降りそうな天気だったけど降らなかったなぁ~と思っていたのにeye
私の気付かない間に雨が少し降ったんだ…

そう思いながら雨水を手でそっと触ってみましたら
sign03

            べト~Σ(゚д゚lll)ええsign02

 雨水だと思っていた水滴はヒノキの樹脂でした( ̄ロ ̄lll)

ちょっと触っただけなのに指先はベトベトになってしまいました。。。

夫は、手についたヤニは灯油で洗うらしいのですが、なんとな~く気が引けたので、他にいい方法はないの?と聞いてみたところ、お湯で洗うことをススメられたので洗ったら綺麗にとれましたshine

木のヤニと言えばもっと茶色いと思っていたのですが、新鮮だったのか(?)無色透明で雨水にしか見えなかったのでビックリしましたsweat01
(夫は「なんでコレを水と間違えるか~?」と呆れておりました)

木の皮に付いた水滴をつい触ってしまったのは、あまりに綺麗な水をポロポロと下に落としたくなったからなのですが……
三十路の女性がする事ではなかったかなと反省しておりますsweat01
Photo_3

| | コメント (2)

ヒノキの皮

Photo
原木市場で買い付けてきたヒノキ丸太は、まず皮むき職人さんの手によって綺麗に皮を剥かれるのですが、皮の中に虫が入らない季節に剥かれた皮は綺麗に乾かした後、神社やお寺などの桧皮葺(ひわだぶき)の屋根替え用として使用されます。
Photo_2 美しい自然を作る木々の1つとしてヒノキは山にそびえ立っているわけですが、山から切り出された後には柱や梁・フローリング・屋根などの建築材になったり、まな板やコースターなどの木工品や割り箸・紙・などなど…様々な姿に生まれ変わって人々に愛される。

なんだかとても素敵です
shine
Photo_3

| | コメント (0)

地元の秋祭り

毎年、体育の日は氏神様の秋祭りが行われる為、松本製材所は休業日となります。
私の故郷では、秋祭りというと島全体を上げて盛大に行われ、各地域から多数の獅子舞や御輿・だんじりなどが集まり大賑わいなのですが、こちらのお祭りはその地域の氏子達のみでお祭りをするのでなんだかほのぼのしています。

我が子たちはまだ小さいので、ちょっとしか参加はできないのですが、朝、太鼓台が家の近くに来た時、手を引いて家族で観に行きました
happy01
Photo 昨年までは近所にやってきてくれている時だけお祭り気分を味わっていたのですが、子ども達も大きくなってきたし今年は可能な限り太鼓台と一緒に地域を練り歩こう!という事になりました。
Photo_8
かくして(まだ融通のきかない下の子はベビーカーに乗せ)練り歩き開始sign01

夫が子どもだった頃はこの辺も子どもの数が多かったので、お祭りは男の子だけ参加していたそうですが、今では状況が変わり子どもの数が減ってしまったので女の子も参加してます。
それでも力が足りないので、大きな太鼓台はほとんど地域の大人達が引っ張っています。

私も再来年くらいからはずっと付いて回らなければならないと思うので頑張らなければ…。


休憩場で美味しい食べ物や飲み物を頂いた後、本当はまだまだ練り歩きは続くのですが、体力が心配だったので私達家族は途中で先回りさせて頂いて氏神様が奉られている八坂神社へ。

Photo_3
Photo_4
Photo_5 お祭りの日はとてもいい天気だったので暑かったですが、神社に到着すると涼しい風がよく通って清々しい気持ちになりました
shine
Photo_6 例年通り我が子たちはお祭りの音や熱気に圧倒されて、まだまだ太鼓台に乗って町を練り歩く気にはなれないみたいでしたが、お祭りそのものは好きなようなので、来年はよその子達と一緒にしっかり参加できるといいなぁnote
Photo_7

| | コメント (0)

存在感のある平角

近頃、製材している材に太いのが増えているという話を聞いたので、製材所の様子を覗いてきましたeye
するとビックリsign03いつもよく見ていた材に比べると明らかに太い…と言いますか、縦に長い材がいっぱいではありませんかsweat01
Dsc04163_convert_20101010161536
これらは平角と言って
12cmまたは15cm×21cm~30cmからなる材で、家の梁(はり)・桁(けた)・まぐさ・などになるそうです。

Dsc04164_convert_20101010161703
はて…梁はなんとなく何かわかるけど、桁・まぐさ がわからない
sweat02
「桁ってなに?」「まぐさって何?」

と、製材所の嫁になって6年になろうとしている私から、まさかの
素人丸出しな質問に夫は少々ゲンナリしているようでしたが、近所に建っている義父母宅の家を例に出してわかりやすく教えてくれましたhappy01sweat01

これらの材は直径30cmを超える丸太から製材されます。

勝手に「製材部門は柱だけを作っていると思い込んでいた」ので驚きました
eye
Photo

| | コメント (0)

近所に広い公園が出来ました。

早いもので10月になりました。
急に秋になり、朝夕は寒い日もある大宇陀です。

去る10月1日、家の近所に
心の森 総合福祉公園 という広大な公園が完成しました!
何度かブログにも登場しているあきのの湯
のすぐそばなので、我が家からは車で3分ほどの場所。


田舎だからか今まで近所に公園らしい公園がなかったのでとても嬉しく思い、さっそく子ども達を連れて家族で遊びに行ってきました
happy01
Dsc04190_convert_20101003130729
広~い土地に置かれた遊具や砂場。
子ども達は大喜びでした
shine
公園内にはグラウンドゴルフを楽しめるコースやちょっとした野外コンサートを楽しめる場所もあり、とにかく広いです。
Dsc04195_convert_20101003130942 子ども達を追いかけて一緒に遊ぶにはかなりの体力が必要だなsweat01と身を持って感じましたが、これからしばらくいい季節なので頻繁に公園遊びをさせてあげたいものですnote
Photo

| | コメント (5)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »