« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ひのき丸太の大きさ

木工品 杏吉では、大サイズよりも大きいまな板のお見積もりを希望されるお客様が増えています。


「まな板の幅が40cmとか30cmの見積もりが入ってる。」

と聞くと
「おお~
shine大きいね~。でもそれくらいのサイズがとれる丸太、あるよね?」と思ってしまう私。

確かに、原木市場で探せば見つかるそうなのですが、まな板用となる無節の丸太を探すのはなかなか難しいようです。
見つかったとしても、値段がグンと高くなるとか…


以前
  『吉野檜 まな板』というブログにも書いたのですが、丸太は少しの長さや太さによって価値が凄く変わります。

そのことに関して、簡単ではありますが夫が今日ブログにしましたのでご紹介致します。


『材木の太さについて』 


周りの山々を見ると、太く大きな木はたくさんあるように感じるのですが、製品として使うのにふさわしい木は貴重のようです。

Photo

| | コメント (0)

【吉野・三茶屋】にて

今日は休日だったので、久しぶりに家族で昼食を外でとる事にしました。
まず、大宇陀の道の駅にあるれすとらん甘羅(かむら)へ行ってみたのですが、お客さんが沢山お店の前に並んで待っていたので急遽、車で15分くらいの場所にある
吉野見附の三茶屋へ行く事にしましたcardash


Photo_6 このような山々に囲まれたのどかな場所に三茶屋はあります。
駐車場には結構車があったのですが、お食事処 松茶屋には空席があったのでウキウキ気分の子ども達を連れて店内へ。

Photo_2
Photo_4 夫は天ぷら丼とミニそば。
私は天ぷら定食。
子ども達はハンバーグ定食を2人で分けていただきましたrestaurant


ボリュームがしっかりあって美味しかったです!
ハンバーグ定食には、外食ではなかなか摂りにくい野菜も多く入っていたので嬉しかったですshine

生ビール・ウーロン茶・オレンジジュースもつけて全部で3,800円でしたdollar





お昼を美味しくいただいた後、敷地内にある

ものづくり館へ。
Photo_5

Photo_6
ここでは樹齢100年以上の古木を活用した
木工製作や吉野伝統の紙すき切り絵陶芸スプーン バターナイフ コースター作り皿絵付けなどを体験する事ができるようです。

体験料金は安いもので500円。
高いものでも3,000円。

子どもと一緒でも楽しめそうなので、もう少し我が子が大きくなったら(
木工製作は自宅でできるのでそれ以外は)体験させてみたいと思いましたnote

個人的には陶芸に興味津々heart02
陶芸と紙すき体験は事前予約が必要のようですが、電動ロクロでは味わえない手びねり作品(筒花入1個とマグカップ2個)を3,000円ほどで製作できるらしい……ただ、催行人数は10人~のようなので、仲間集めが大変かなsweat01
(切り絵は同じく10人~ 紙すきは5人~ ですが、それ以外は1人から体験できる上、常時受付しているそうです)

子どもが小さい為、何も体験しないまま、隣接されている物産館へ。
Photo
ここでは工房街道の作品展示・販売を行っています。
立派な吉野檜や吉野杉に癒されました。
Photo_4
Photo_5
夫は毎度の事ながら
職人の目であれこれ物色しておりましたが、私は子ども達と「コレ、いいね~happy01」 などといいながら楽しく店内を見て回りました。
個人的には、
桜の皮で作られた照明が欲しかったheart04
(でもちょっとお高くて手が出せませんでしたdown
 
物産館には喫茶・軽食コーナーもあったのですが、こちらでは吉野名物の
『葉っぱ巻き』『柿の葉寿司』なども購入できるようです。

柿の葉寿司、大好物なので食べたくなったら買いに行こうっとhappy01                         

| | コメント (0)

日差しの強い日には

今週に入って雨が続いている大宇陀ですが、天気予報によると明日は貴重な晴天となり、夏日になるそうですsun

日差しの強い日には、皮が剥かれたヒノキ丸太にこのような日よけシートをかぶせます。
Photo


Photo_2 初めてこの様子を見た時、

「木が日に焼けるのを防ぐ為にかぶせてるんだなぁhappy01」と思ったのですが、よくよく聞いてみると
日焼け防止ではなく、ヒビ割れ防止のシートでした。coldsweats01

皮を剥かれた丸太は、直射日光に当たるとどんどんヒビ割れてしまうのです。

雨の日は逆にシートを外さなければなりません。
シートをしたままだと、今度はカビが生えてしまうそうです。
木はとってもデリケートshine


つい最近作ってもらったヒノキ丸太の椅子も、晴れの日に庭に数時間放置しただけでバリバリとヒビがshock
座る分には問題ないのですが、なんだか木が可哀想に見えますweep

仕事が終わった後、ヒビが沢山入ってしまった丸太椅子を夫がマジマジと見ておりましたので

「日陰に直さず、ずっと陽の当たるところに放置しててごめんねsweat01」と謝ったら

「いや、別にええんやで?使えるし。ただ、割れるとは思ってたけど、こんなに早く割れるとはなぁ~…」と少々驚いているようでした。

直射日光、恐るべしsign03
Photo_3

| | コメント (0)

コースターの色調

木工品 杏吉ホームページにも記載しておりますが、コースターのみ色調を選ぶことが可能です。

今までご注文の際に色の指定をされるお客様はいらっしゃらなかったので、「赤白」を選んでお送りしていたのですが、先日「赤身」指定でのご注文があったので、ひのきの赤身部分のみを使ったコースターを作成致しましたshine

Photo一番手前のコースターは「赤白」で、後ろの6枚が「赤」です。
比べてみると色の違いがよくわかりますflair
(右端に積み上げているのはきゅうす・ポット置き

個人的には「赤白」が好きだったのですが、赤身も綺麗でいいなぁhappy01とこのたび感じました。

コースターをお求めの際、お好きな色調がありましたら是非【買い物かごの通信欄】にてお知らせ下さいませshine

Photo_3

| | コメント (0)

続・ひのき丸太椅子

今日の昼休み、突然夫が例の自宅用ひのき丸太椅子 に手を加え始めた。
Photo やはり120番の紙やすりで私が適当に整えた切り口が気になって仕方なかった様子sweat01
Photo_2 座る部分を綺麗にしてくれた後、側面を削り出す夫。

私:「あ!もしかして取っ手?happy01

夫:「うん。」

庭で遊んでいる子ども達を監督をする時、日陰を求めて一生懸命椅子を移動させていたので持ち運びやすいように加工してもらえて嬉しいheart02
Photo_3これで私でも丸太椅子を楽に持ち運べるようになりましたnote

Photo_4 

| | コメント (0)

ひのき丸太椅子

天気が悪くない日は、子ども達を連れて外遊びをしています。

我が家の庭はコンクリートでできているため、残念ながら土がないのですが、雨水と共に庭先へ流れてきた土をかき集めて子ども達は楽しそうに遊びます。
どこでも何でも、遊びにつなげて楽しそうにしている子ども達を眺めるのは好きですhappy01

スコップで少ない土を集めている様子を立って見ていた私。


座りたい…。

仕方なく、子ども達と同じようにしゃがみこんでみた。


う~ん…この体勢は辛いsweat01

というわけで、椅子に丁度いいような木の切れ端を作業場からもらって来る事にしました!
Photo_5
↑ここは柱材にするのに余分な部分の丸太などの端材を保管しているところ。
 田舎ゆえ、お風呂のシバが必要なお客様の為に販売しております。


保管場所を覗いてみると椅子になりそうな丸太の切れ端を発見sign03

休憩時間になって作業場から出てきた夫に
「椅子にしたいから小さい丸太を1つもらってもいい?happy01」と尋ねましたら
「いいけど…今忙しいから何もしてやれんで?」と言われた。


仕方ない(>。<)自分でなんとかせねばsweat01

「そんな持ち方してたら明日、肩や腰が痛なるで~?」

という夫の言葉を耳にしながら、思った以上に重い丸太を抱えて作業場から自宅の庭へ移動。

(妻の肩や腰が心配なら庭まで運んでくれたら良かったのに…)


杏吉の木工品仕上げに使う紙やすりを使ってギザギザになっていた切り口にせっせとやすりをかけていたら、気になるのか『忙しいから無理』と言っていた夫が様子を見に来てくれた。

「そのやすり、何番?……120かぁsweat0260くらいでやった方がいいのに。」


だったらその60番とやらを貸してよbearing

まぁ、いいさ。自分用に作ってるだけだから、少々座るところがガサガサしていても。。。

Photoよし。完成shine
ちょっと座る部分が斜めになってるけど…長時間座るわけじゃないしhappy01sweat01

…というわけで早速使ってみました。
Photo_3

高さもあって座ると楽note
もう少ししたら庭でプール遊びを子ども達がするだろうし、今年はこの丸太椅子に座って眺める事にしようhappy02

ちなみにもう腰が痛いdown
明日は肩も痛くなるのだろうか???wobbly
Photo_4

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »