« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

柱を見る鋭い目

私にまだ子どもが居なかった頃、何度か製材所の仕事を手伝ったことがあります。
等級つけが終わった柱に、墨の付いたブラシで屋号の『桜に吉』を入れたり、出来上がった柱のシュリンク包装を手伝ったりしていました。

Photo

       柱には3mと6mのものが存在するのですが、私が手伝えるのは3mの柱だけ。
シュリンク包装をする際、柱を1本ずつ機械へ入れていくのですが、2人で1本の柱を運んでもとても重く、私にとっては大変なお仕事でした。
6mの柱も手伝ってみようかと一度挑戦したのですが……あまりの重さにすぐ断念しましたsweat01

Dsc02812

柱の等級付けの手伝い(一緒に柱を運んだり、墨で屋号等を入れる)をしていた頃、よく夫が、柱にある虫食いのあと節のありか、台風などで折れた形跡の説明をしてくれました。
それらを見ながら、厳しい目で等級をつけていくのですが、私には木の模様の違いがわかるくらいで、あとは何がどう違うの?と思う事ばかり。

それでも、何度か等級付けの手伝いをしていると、だんだん自分も木の特徴がわかった気になってきて…

「ここに虫食いがあるよ!」 「これ、いけない傷じゃないの?」と夫に知らせるようになったんです。

でも何故でしょう。
虫食いにしか見えない物がそうでなかったり、等級に響くであろうと思った傷が大した傷じゃなかったり……結局一度も夫に「おぉshineほんまや!よう見つけてくれた!有難うhappy01と言ってもらえることなく、出産・育児の為、製材のお手伝いを辞めてしまいました。


夫は、買い物や食事などで外出する度、すぐ店内の柱などを見ては、どれくらいの木なのか私に話してくれます。
会話をしていても、夫は鋭い目で柱や床板などをチェックしています…。
私からしてみれば、色んな建物の柱などを見ても感じることはせいぜい

「綺麗な木だなぁ。」
「いっぱい節があるなぁ。節が殆ど無いなぁ。」
「色が白っぽいな。赤っぽいな。黒っぽいな。」
「木の模様が独特だなぁ。木目が決め細やかだなぁ。」

といった程度。
でも、製材所の嫁なんだからもう少し木の良し悪しがわかるようになっておいた方がいいのかな?とも思うのです。

でも、夫婦揃って柱のあちこちを職人の目で見て回っていると……見られている立場からするとあまり感じのいいものではないでしょうから、やっぱり私はある程度素人の目のままでいた方がいいでしょう。       きっと。。。

Photo

| | コメント (0)

アイススケートでお散歩。

どんどが行われた翌日。
全国的に大寒波だったようですが、我が家周辺もそれはそれは寒い1日でしたsnow
外に置いてある温度計はずっと氷点下。
雪は積もり、氷ははり、強風が吹き荒れ……正直一歩も家から出たくありませんでした。

そんな日に、夫は朝から木を買う為に、吹きさらしの所で行われる原木市場へ。。。

無事、市場から帰宅した時、夫の体は凍りついているように見えました。

その後、これまた冷たい風が激しく吹き渡る工場内で、ご注文の品である【まな板】などを作成していたようで…仕事後の夫は随分と疲れきっていて、いつもより10歳ほど老けて見えました( ´;ω;`)

あたたかい部屋で少しずつ若返ってゆく夫を確認した私は、愛犬の散歩をするべく外へ出たのです。

Photo_2

          さ…寒い。寒すぎる( ̄ロ ̄lll)

転ばないようにと、雪がある程度積もっている所を歩く。

しかし、歩道には雪がない!

恐る恐る足を踏み出したら、歩道が見事に凍っていました。

怖い!滑って転びたくない!!今日の散歩は中止にしたい!!!

でも愛犬はそんなことお構いなし。スタスタと歩いていく。
立ち止まると危険impactむやみに歩いても危険impactかくなる上は……滑るしかない。

天然アイスリンクの上を、運動靴でスケートしながら愛犬のお散歩shoeshine

気分は、以前エキシビジョンで愛犬と一緒に滑っていた浅田真央さんhappy01……と言いたいところですが、実際は映画『黄金狂時代』で犬のリードと気付かずに、それをベルトにしてしまったチャップリンのようでした。

なんとか転ぶ事無く無事帰宅。
愛犬はツメがスパイクになったようで全く平気でしたdog

外から帰ると、さっきまで「寒い」と感じていた玄関や廊下があたたかく感じるのは幸せnote

わずか数分の間にやつれて帰宅した妻を見た夫の一言↓

「凄い寒さやろ。俺はそんな中、市場行ったり仕事してんで?(¬_¬)」

はぁ~頭が下がる思いdespair

あんなに寒い所で仕事をしているのならば、上に着込むだけでなくズボンの下にも防寒下着を穿いていただきたいsign01

しかし夫は「バッチ(パッチ)は穿かない!一度穿いたらもう脱げなくなると思うと…」と言って拒む。

普段は「俺もええオッサンや。」と言っているのに、バッチを穿くことを嫌がるのが不思議でならない( ´_ゝ`)

妻としては夫に出来るだけ綺麗な男性でいて欲しいけれど、寒さで体を壊してしまわれては元も子もないわけで…

寒さ厳しい日にはソッと防寒下着を着替え場所に置くことにしよう。

Photo

| | コメント (0)

どんど

1月11日 成人の日。
風の冷たい中「どんど」が行われました。
Photo

各家のお正月飾りなどが、組まれた竹などと一緒に焼かれていきます。



私が大宇陀に嫁いで5年が経ちましたが、未だにこちらの「どんど」を見ていると、故郷の「とんど」を思い出します。
幼い頃の記憶なのでさだかではありませんが、大きさは大宇陀の「どんど」より小さかったように思います。
しかし、作りはとても美しかったのです。

綺麗に組まれた藁などに、お正月飾りや御札、クマデなどを丁寧に飾った上に、子ども達が作った風船や折り紙で飾り付けをしていました。
そして「とんど」のてっぺんには、日の丸の扇が乗っていました。

出来上がった「とんど」は縄付きの台車に乗せ、みんなで引っ張って近くの海岸まで持って行き、神主さんに祝詞を上げて頂いた後に浜辺で「とんど」を焼くのです。

燃え上がる「とんど」のそばで地域の皆さんは砂浜を掘り、そこに炭を入れ、網を置いてお餅などを焼いて食べていました。

海風が冷たいので、毎年とても寒かった様に思いますが、今は亡き祖父たちと浜辺で食べたお餅や、綺麗な「とんど」を家族や友人達と作って楽しかったなぁhappy01という思い出が「どんど」を見ていると頭の中を巡ります。
聞くところによると、故郷の「とんど」も今では浜辺まで持って行くことなく地域の集会所前で焼いているそうですが、今でも飾り付けは沢山して綺麗なんだろうなぁshineshineshine

そのような事を思っている内に「どんど」の火は小さくなっていきました。

最後は、念のため待機していた地元消防団のポンプ車で完全に火を消すべく、消防団員でもある夫は地域の団員さん方と頑張っておりましたhappy01


Photo_2

| | コメント (2)

愛らしい生き物たち 2

お正月休み中、我が家に愛らしい生き物が増えましたhappy02
新たに飼い始めたのは熱帯魚ですshinefishshine

Photo

小さい頃から飼いたかったのでとても嬉しいす!
お世話は大変ですが、以前熱帯魚を飼っていた経験がある夫に、色々教えてもらいながら楽しく飼育しています。
美しく泳ぐ熱帯魚たちを眺めていると、とても癒されます。

つい時間を忘れてボ~っと眺めてしまうほどshine(´。`*)shine

子ども達も熱帯魚を眺めるのが大変好きなようで、日に何度も熱帯魚たちの様子を見ています。


Photo_2

最初、写真右下にある踏み台のみだったのですが、子ども二人が立って乗るには小さく、何度も喧嘩になっていたので
「二人が乗っても大丈夫な大きさの台を作ってhappy01
と夫に頼んでみましたらその日の内にチャチャッと作ってくれましたnotes
それが写真左下(娘が乗っている方)の台です。

ヒノキだけでなく杉も使用していて綺麗!(濃い色の部分が杉)
こういう物をすぐに夫が作ってくれるのは嬉しいものですwink
子ども達も大変気に入り、早速仲良く二人並んで熱帯魚を観察しておりました。

前からある台を使えば、親子揃って鑑賞することも出来ますhappy01

Photo_3

| | コメント (0)

はじめまして2010年。

あけましておめでとうございますfuji
木工品 杏吉は本日より仕事始めです。

私にとって年末年始は楽しい事がいっぱいでした!
…が、新年早々『厄』に見舞われたりもしました(-_-;)
でも、由緒ある神社で厄除けのご祈祷をして頂いたので、気をつけていればこの1年大丈夫なはずですshine……たぶん。


元旦、我が家から徒歩10分程の所にある氏神さまの下へ家族4人で初詣に行きました。


Photo
今年も家族みんなが元気で幸せに過ごせますようにhappy01

2日は、同窓会出席の為、私の実家がある大三島(愛媛)へ。
結婚してから6年目ですが、お正月に帰省するのは今回が初めて!


島に無事到着するまでに、雪の為新幹線が遅れたり、バスに2度も乗り遅れたり………その他モロモロ「勘弁してよcryingと泣きたくなる様な出来事があったのですが、厄除け同窓会は予想以上に楽しかったですnotes
やはり、小さい頃からの同級生はいいもんだなぁ(-∇-*)と改めて思いました。

3日。午前中、昨日ご祈祷をして頂いた大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)へ両親と初詣へ。
 Photo_2 Photo_3

          









元旦に参った神社にはおみくじが無かったのでひいてみましたhappy01
今年『本厄』だけど、昨日のご祈祷とアクシデントの連続で『厄』は落ちたかな~shine

と思ったらガッツリ『凶』でしたsweat02(=_=)sweat02
Photo_4

お正月って『凶』は少ないと聞いてたのに…

                              












【人のねたみを受けてわざわいにあう事あり つつしみて時節の来るをまつべし】とのこと…。気をつけなくてはweep
Photo_6

あまり宜しくない内容だったので、おみくじは即、神社の木に結ばせていただきました。


厄年に負けないくらいのパワーで今年も元気に頑張りたく思いますsign03










本年もどうぞ皆様、宜しくお願い致します。
Photo_5

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »