« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

はじめてみたいこと。

あと5ヶ月ほどすると31歳になる私。
今は仕事に育児に家事にと忙しい毎日ですが、それでも新たに始めてみたい事が沢山あるのです。
華道・着付け・陶芸・三味線・オカリナ・書道・消しゴムはんこ・トールペイントなどなど…興味あることがいっぱい。

しかし、挑戦はしてみたいけれどなかなかお稽古に通う時間は作れず断念。
オカリナや消しゴムはんこ・トールペイントなら独学でも楽しめるかな?と思ってみるものの、必要な物を購入する事なく早数年down
思うばかりでなかなか行動に移せないでいました。

すると、以前から私が消しゴムはんこに興味を持っていることを知っている友人が消しゴムはんこ作りに必要なキットをプレゼントしてくれたのですheart02

Photo

これはとっても嬉しいnote
戴いたからには作成しなければshine
せっかくなので、きーなちゃん のはんことか作れるといいなぁ~と思っている次第であります。とはいえ、完成までに時間はかかると思いますが…
無事、完成したらまたブログに書きたく思います。
失敗したら……いや、失敗しても書きますsweat01

今日、わが社の事務所前に咲いている日々草の中に、開花途中の物を見つけました。
Photo_2

                    このような段階の日々草を見たのは初めてだったのでとても心がウキウキしましたhappy01

| | コメント (2)

イラストのお仕事【アロマセラピーサロン*さらら*】

木工品 杏吉のイメージキャラクター『きーなちゃん』『ぷら~なさん』を、「可愛いheart02」と言ってくださるお客様は、嬉しい事に沢山いらっしゃいます。
キャラクターの生みの親としましては、とても幸せな事です。
1人でも多くの方の目にとまるイラストを描いて、これからもHPやフリーペーパー・粗品葉書などを華やかに飾ることができれば…と思っていますpen

そんな時、ある方から「イメージキャラクターを描いて欲しい。」というご依頼を頂きましたshine
ご依頼主はホリスティックアロマセラピーサロン*さらら*さん。
アロマの香りに包まれながら全身をマッサージして頂けるサロンです。
花の妖精をイメージしたキャラクターにして欲しいとのご要望でしたので、私が抱いているご依頼主さんのイメージから、百合の花を選ばせていただきました。
何度も何度もご依頼主さんのご意見・ご要望をお聞きしながら、ようやく完成したキャラクターがコチラです↓

Photo_5 Photo_6ふんわりとした雰囲気が、御依頼主さまと癒しのアロマサロンにぴったりだと思っていますshine
ご依頼主さんにも喜んで頂けたので凄く嬉しかったです!
一生懸命考えて誕生したキャラクターなので、私にとっても大切なキャラクターの1人となりました。
*さらら*さんは、出産・育児の為一時お休みをされていたのですが、もうすぐ再オープンされる予定となっております。
私も育児がすこ~しだけ落ち着いてきましたので、オープンしたら定期的に癒しを求めてサロンを訪れたいなぁcatfaceと思っています。

さてさて…花の妖精さんを描いておりましたら、きーなちゃんにも花の精のお友達を作りたくなった私。ついに本日、花の妖精さんと一緒のきーなちゃん&ぷら~なさんのイラストを完成させましたnote

Photo_4

う~ん、なんとも楽しそうhappy01
また葉書にしてみようかな?

| | コメント (2)

私のふるさと

先日、約1年ぶりに私の故郷へ家族4人で帰省しましたcar
奈良県から車で大阪府、兵庫県、岡山県、広島県を走り、瀬戸内海にかかるしまなみ海道の途中にある大三島へ。

Photo

普段、海のない奈良で生活しているので穏やかな瀬戸内を見るとすぐに懐かしくなり、気分がよくなります。
夫は生粋の奈良県民らしく、海を見るとすぐに「海や!海や~!!」とはしゃぎます。
子ども達も海を見る機会が少ないので大変喜んでいましたgemininotes

今回の帰省は「久しぶりに島の秋祭りが見たい!」という私の願いもあって日程が決まったようなものなので、ここぞとばかりにお祭りを堪能してきましたhappy02

【お祭り好き】とまではいかないと思うのですが、故郷の秋祭りだけは思いれがある上に盛大なので、大好きです!(そう思うだけで十分【お祭り好き】なのかも知れませんがsweat01

Photo_5

小さな島ですが、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)が存在するからか各地域に獅子や沢山の神輿などがあり、お祭り2日目は大変賑わうのです。(写真は三島神社)

大山祇神社と三島神社で数多くの獅子舞などが奉納されるお祭りは毎年秋にあるので、興味がおありの方は是非一度ご覧下さいconfident

お祭りが終わった後はまたいつもの静かな島になるのですが、そういう時はの~んびりと海や山を眺めて過ごすと癒されます。
今回は橋を2つ渡った所にある大島(愛媛県)へ行き、亀老山(きろうさん)から来島海峡(くるしま)を一望して来ましたshine

Photo_7

Photo_8

お天気が良かったので来島海峡大橋や四国がよく見えました。
こういう景色を眺めていると無性に写真を撮ったり、絵を描きたくなります。
風が強い日は寒さが堪えるでしょうが、この日は暖かかったので最高な気分でした。

その後、島内にある村上水軍博物館や宮窪漁港から出ている潮流体験ツアーも楽しみましたwave
子ども達は船に乗るのも初めてだったので「大丈夫かな…?」とやや心配しましたが特に問題なく乗ってくれたので良かったです。
上の子は途中から怖がって夫にしがみついたままうつむいてしまいましたが、下の子は大喜びでしたnotes

Photo_11 Photo_12

Photo_13












「瀬戸内海は海らしさがないから湖としか思えないgawk
といつも言っていた夫もこの体験ツアーが気に入ったようで瀬戸内海のイメージが変わったみたいです。
もちろん私もとても楽しかったですhappy01
亀老山同様、これからの寒い季節には辛そうですが、あたたかい季節にまた船で来島海峡を遊覧したいものですship

| | コメント (4)

吉野檜 まな板

杏吉の人気商品の1つに吉野檜まな板があります。
サイズは大・中・小と3タイプあるのですが、オーダーして頂くとお好みのサイズのまな板を作る事も可能です。

Photo

↑写真はシュリンク包装済みのまな板

:約24cm×約48cm

:約21cm×48cm

:約18cm×約39cm

(厚みは全て約2.7cm)

3つサイズがあるのでどれか1つに人気が集中するだろう…と私は思っていたのですが、使用される方々の好みはまさに十人十色のようで、嬉しい事にどのサイズもよく売れています。
私は大きいまな板が好きなので、大を愛用していますhappy01
最近では薄いまな板も人気のようですが、個人的にはある程度厚みがある方が安定感があるので好きです!

Photo_3

ここ最近、嬉しい事にお好みのサイズをお探しのお客様からのオーダーが増えております。オーダーされるだけあって、やはりご希望されるサイズは市販されていないタイプが殆どです。

まだまだ木の事をあまりよくわかっていなかった頃は
「少しサイズが大きくなっただけでそんなに木の価格がかわるものなの???」
と不思議に思っていたのですが、木工のお仕事を手伝っている内に
裏表とも節がない大きな板は沢山存在しないという事を知りました。
何十年・何百年とかけて大きく成長しているんですものね……

ただでさえ愛着ある木工品達が、更に輝いて見えるようになりましたshine

| | コメント (0)

心落ち着く 茶房にて

我が家近くには重要伝統的建造物群保存地区が存在します。
先月の記事にも載せたライトアップイベントが行われた町がそうです。

そこには多くの趣きある建物があり、通りをのんびり散歩すると心が大変安らぎますconfident
そんな素敵な通りに一軒の茶房があります。
Photo

                         この度、こちらの【茶房あゆみ】さんの地元特産品販売コーナーに杏吉の木工品を置いて頂くことになりましたshine
店内に足をふみ入れるだけで、そこは安らぎの空間になっています。
Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5

                 地元特産品コーナーは入ってすぐの所にあります。
きーなチャンのフリーペーパーも置いていただけましたhappy01

二階に続く階段をのぼると…
Photo_6

そこにはギャラリーがsearch

Photo_7 Photo_8

                                 

まだ数回しか訪れた事がないのですが、心落ち着く場所なのでお気に入りです。
子育て中でなければ頻繁に通っての~んびり過ごしたくなりますbud

今日は私も一緒に納品とご挨拶を…と思い、夫婦で心落ち着く【茶房あゆみ】さんへ行かせて戴きました。
せっかくなのでたまには2人でゆっくりお茶でもと、地元・大宇陀の銘菓きみごろもセットを戴きましたjapanesetea

Photo_9

地元の銘菓なのに、お土産として購入するばかりで自分達はあまり口にする機会がないのですが、あらためて「美味しいなぁhappy01」と夫婦で語らいながら美味しくいただきました。
お抹茶とコーヒーも大変美味でしたshine

奈良県大宇陀へお越しの際は、是非【重伝建】に指定されている松山地区を散策下さい。
(銘菓きみごろも を製造されている松月堂さんも同じ通りにあります。)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »