« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

癒しアイテム

先日、杏吉の木工品を多数ご注文して下さった方から、この様なご要望がありました。

「枕などからヒノキの香りがすると嬉しいので、木の削りかすがあったら戴きたいです。」

どうやらポプリのような感覚でヒノキの削りくずを使用したいようでした。
このようなご要望をいただいたのは初めてだったので、私は勿論の事、夫も驚いておりましたeye

枕などに入れるという事でしたので、柱材を加工する際に出る【ひっこ(おがくず)】ではなく、木製小物を作成する際に出る【かんなくず】を一緒に納品させていただく事になりました。

「ヒノキの香りに癒される」
「ヒノキの香りからパワーをもらいました」

などといったご感想をよくお客様から頂くので、ヒノキの香りはやはり癒しなんだなぁshineと改めて感じました。

ヒノキを小さなブロック状にしたものを網袋に入れ、湯船に浮かべて香りを楽しむ『桧ブロック』なる商品も巷にはあるようで、都会に住まわれている方から人気なのだとか…
疲れがたまると人は、森や木々の癒しを求めるようになるのかなbud

杏吉は、そういう癒しアイテムにも注目していくべきなのかも知れない。。。

Photo

| | コメント (0)

道の駅にも…

7月の記事でもご紹介させて頂きましたが、我が家から車で南に3分程行った所にあります宇陀路 大宇陀 道の駅では杏吉の木工品が3点(まな板(小)・多用途ボックス・メモスタンド)販売されております。

その商品の傍らにこの度、杏吉PRのフリーペーパー(名刺サイズ)を置かせて頂く事になりましたshine
Photo

些細な事ではありますが、置いて頂けるようになった事がとても嬉しいですhappy02

これからの季節、吉野山の紅葉が大変美しくなります。
紅葉を楽しまれた帰り道、大宇陀の道の駅にお立ち寄りになられる方は是非、杏吉の木工品やイメージキャラクター【きーなちゃん】入りフリーペーパーを手にとってやって下さいshine

| | コメント (0)

こんな生き物にも好かれる製材所

以前、わが製材所は野鳥に好かれ毎年繁殖期になると鳥達が巣作りにやって来る…という事をブログに書きましたが、実は毎年夏になると蜂さん達がやってくるのです(´・ω・`)

Photo

蜂さんと言っても、↑の様な可愛らしいミツバチではありません。

そう。やってくるのは写真を撮るのも恐ろしいスズメバチなのですcoldsweats02

夫や義父・従業員さん達は、巣作りに適した場所はないかと、製品になる前の丸太や柱材の間を視察に来る女王蜂の姿を見つけては駆除するという事を毎年行っているようです。
そのお陰で、私や子ども達はスズメバチの恐怖に怯える事無く製材所の敷地内を散歩したり出来ていたわけなのですが……

製材所ばかりに気を取られているうちに(?)なんと、今年は義父母宅の屋根に巣を作られてしまったのですΣ(゚□゚(゚□゚*)sweat01
しかも、その巣を作っていたのが日本のスズメバチ類の中では最大の巣を作り、最も凶暴とされるキイロスズメバチと言うのですからたまったものではありませんcrying
(製材所を挟むように私達の家と両親の家が建っています)

私は怖くて見に行っていないのですが、どうやら巣は両親宅2階の屋根にあるらしい。
作りかけている巣もろともキイロスズメバチを駆除しようと両親も頑張っていたそうなのですが、キイロスズメバチ達の勢力は衰えず凶暴になるばかりbomb

このままでは近隣住民も危険sign03

ということで、害虫駆除業者のお世話になりました。

駆除は昨夜遅くに行われたそうです…
夫は駆除する様子を「間近で見てみたいshineと目を輝かせながら申しておりましたが、行かない方がいい…というか行かないで。
と、止めてしまいました。

駆除シーンを見たいというのは男のロマンなのかな???
でも危険なのでpaper

野鳥に好かれるのは嬉しいけれど、出来ることならスズメバチさん達には嫌われて欲しいと願うばかり。
来年は巣を作られないようにしたいものです!
(まぁ、私は何も出来ませんがsweat02

Photo

| | コメント (0)

原木市場でのお仕事

夫の仕事の中には、原木市場にて丸太を買い付けるという大事な仕事があります。

原木市場に並ぶのは、山から切り出された様々な丸太。
その中から、わが社のヒノキ柱材・ヒノキ木工品になる丸太を選び、セリで落としてくるのです。
◆写真は市が開催される前日に行う【下見】の様子。(冬に撮ったものですがsweat01

Photo

                          いい製品が出来るか否かがかかってくるという点で、市場での買いつけはとても重要なのです。
それゆえ、市場に出かける前の夫からはピンと張り詰めた緊張感や独特なオーラが伝わってきます。

市場では数多くの製材所からやって来られた仕入れ担当の方々と丸太を競り合うそうです。
私は【下見】には着いていったことがあるのですが、市には着いていったことがないので詳しくはわからないのですが、どうやらそこは仕入れ担当者同士の熱意や駆け引きで満ち溢れている場なのだと感じております。
神経を使い、目を凝らし、周りとの駆け引きの中で、いつも市は進められていくようです。

そのため市から帰ってくる夫はいつも疲れきっています…。

ただ、
お目当ての木がある時・ない時。
お目当ての木が買えるとき・買えない時。
では、疲れ方が全く違うのです!

精神的・肉体的に疲れて帰ってきても、お目当ての木が買えた時の夫からは、キラキラと輝く表情と達成感があふれ出ています。

それに対して、「買いたいsign03」と思えるお目当ての木にめぐり合えなかった時の夫は、ズ~~~~ンdownとした重苦しい空気を身にまとい、しばらく1人で悶々と考え事をしているのです。
きっと市の事を考えているのでしょう…

市はだいたいいつも午前中にあるので、夫は昼食を摂りに一度帰宅します。
その時いつも「お帰りなさい!お疲れ様。今日の市はどうやった?happy01
と尋ねるのですが…

正直、外から帰ってくる様子がリビングからよく見えているので、足取りから今日の市はどうだったのかがすぐわかっているんですよ
                    (´;ω;`)

次の市は、スキップしながら帰ってくるといいなnotes

いや、さすがにスキップは不気味かsweat01

Photo_2

| | コメント (0)

帰って来たイソヒヨドリ

6月23日【野鳥に好かれる製材所】
http://ankichi-an.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-4c03.html

に登場したイソヒヨドリのその後を書きたいと思います。

あれからヒナ達はすくすく育ち無事巣立って行きましたchick

Photo Photo_2 Photo_3

          ◆写真は製材所内で私が撮影したイソヒヨドリの成鳥(オス・メス)とヒナです。

ヒナ達が無事巣立った事はとても嬉しかったのですが、巣立ちと同時に親鳥たちも姿を消してしまったのは残念でした。
とにかくオスのさえずりが美しかったので…また来年、繁殖期にやって来てくれる事を望んでいました。

するとどうでしょう!
姿を消してから一ヶ月程経ったある日、再びイソヒヨドリがわが社に舞い戻ってきたではありませんかeyesweat01
子育てをしている様子はないので、ただ単に以前作った巣をねぐらとして使っているのでしょう。
まさか、戻ってくるとは思っていなかったのでとても嬉しいshine
オスは毎日毎日、美しい声でさえずってくれ、癒されます。

しかし、いったいいつまでいるのでしょうか???
寒くなり始める頃に居なくなるのでしょうか???

今後もイソヒヨドリ夫妻から目が離せそうにありませんhappy01

Photo_3

| | コメント (0)

☆ライトアップ☆イベント

我が家の近所に重要伝統的建造物群保存地区…略しまして【重伝建保存地区】に指定されている町並みがあります。 
http://aknv.city.uda.nara.jp/matuyama/index.htm

そこで、去る8月27日~8月29日まで毎年恒例のライトアップイベントが開催されていたのですが、最終日は夫が地元商工会青年部の皆さんと地域活性化の為、ボランティアに行ってたので、まだ日が落ちていない時間ではありましたが子ども達を連れ、義父母と一緒に散策してきました。地域の人達の御協力により、趣きある町があたたかい灯に包まれます。
Photo Photo_2 Photo_3

          この通りは、よく子ども達と一緒に私も散歩をしていますが、本当に素敵ですshine

 Photo_4

                しばらく散策しておりましたら…某ギャラリーの入口に夫が1人座っておりましたeye
どうやら今年はスタンプラリーが行われていたようで、そのスタンプを押す仕事をしていました。
夫が担当していたポイントにあったお店の2階には、この様な木工ギャラリーが!
Photo_5

うちも木工の仕事しているので、見ていてなかなか面白かったですcatface

 その後、ポテポテ歩きながら町並みを楽しみつつ、色んなお店で食べ物やおもちゃを購入しました。                                                                     

Photo_6

             

どれも美味しかったですが、特にケーキ屋さんの横で売っていたホットドッグが美味しかったhappy02来年も売っていたら絶対買いたいです!
(ちなみに写真のこんにゃくや卵、お肉屋さんが販売していた焼き鳥も美味しかったですrestaurant

 

ある会館前ではリコーダー演奏会も開かれていました。

Photo_8

リコーダーの、美しくもどこか儚げな音色がレトロな町並みによく合っていて心地よかったですnotes子ども達も聴き入っていました。すると、演奏者さんから
「次に演奏するのは『涙そうそう』という曲です。この曲は色々な方が歌われていますが、どなたかその内1組でもいいので歌われている方の名前を答えられる方はいらっしゃいませんか?わかる!って方、いらっしゃいましたら手を上げてくださいhappy01
という問いかけが…

『涙そうそう』は私の大好きな曲。
カラオケは勿論、家に居る時もよく歌います。

「どなたかご存じないですか~?coldsweats01

お客様の中で『答え』を知っている人は私の他にも居る筈……だけど誰も手をあげようとしない。

「当たった方にはプレゼントがありますよ~wink

やや客席がざわつき始めた。
隣で演奏を聴いていた義母は「えぇ~っと…ほら、あの人!誰やったかいな~sweat01」と悩んでいるようでした。
よ~し、ここは私がsign03

「はいsign01

「あ。では、そこのベビーカーをおしている女性の方!どうぞ!!」


さて、どうしよう…。
演奏者さんは『歌っている1組でもいいので…』と言っていたという事は『BEGINさん』と答えるべき???
それとも『森山良子さん』と答えるべき???それとも…

と、指名されてから2秒ほどの間に考えた結果、歌声が好きな

「夏川りみサン。」

と答えましたhappy01

「正解で~す!では、コレをどうぞ~!」

と言って雪だるまの可愛いカップを戴きましたsnow
Photo

夏の終わりに雪だるま。

いい思い出になりそうです(* ̄ー ̄*)

子どもの都合があったので、まだ明るいうちから行き、暗くなりかけた頃に帰宅したので一番綺麗な様子は見られませんでしたが楽しかったです!
来年もまた行こうと思いました。

Photo_5

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »